20年目プレゼン:高木様のフィードバックポイント

高木様を使う目的

1. 値下がりもチャンスになることを説明するため

→水色、青色を使って値下がり期間が長くても良いことを説明する

2.  順調に上がっても良いことを説明するため

→赤色、ピンクを使って、値上がりが続いても良いことを説明する

高木様の説明の流れ

概要版

1. 1番儲かっているのは何色か聞く

→「価格が上昇している「赤・ピンク」系か、価格が下落している「青・水色」系のどちらだと思いますか?」の様な質問も入れて、上昇と下落の対比を意識させる。

2. 正解を見せる

→正解は「水色」。2位は「青色」。価格が下がっていた2つが1,2位になった。

3. なぜ、水色・青色が儲かったか理由を聞く

→価格が下がることで「量」が買いこめている点を伝える

*この時、補足として、「合計口数」を見せるのもOK

4. ドルコスト平均法では序盤・中盤の値下がりは「量」を買い込むチャンスと説明する

5. ピンク・赤色を示して、順調に上昇しても儲かることを説明する

→水色・青ほど儲からないが、順調に上昇しても利益が出ることを伝える

6. まとめに、ドルコストは「上がっても、下がってもどちらでも良い」と説明する

→上がっても良し。下がっても、なお良し。

詳細版

1. 1番儲かっているのは何色か聞く

→「価格が上昇している「赤・ピンク」系か、価格が下落している「青・水色」系のどちらだと思いますか?」の様な質問も入れて、上昇と下落の対比を意識させる。

スクリーンショット 2015-12-06 14.00.24

2. 正解を見せる

→正解は「水色」。2位は「青色」。価格が下がっていた2つが1,2位になった。

スクリーンショット 2015-12-06 14.01.29

3. なぜ、水色・青色が儲かったか理由を聞く

→価格が下がることで「量」が買いこめている点を伝える

*この時、補足として、「合計口数」を見せるのもOK

takagiryou

4. ドルコスト平均法では序盤・中盤の値下がりは「量」を買い込むチャンスと説明する

5. ピンク・赤色を示して、順調に上昇しても儲かることを説明する

→水色・青ほど儲からないが、順調に上昇しても利益が出ることを伝える

takagijyousyou

スクリーンショット 2015-12-06 14.03.02

6. まとめに、ドルコストは「上がっても、下がってもどちらでも良い」と説明する

→上がっても良し。下がっても、なお良し。

スクリーンショット 2015-12-06 14.24.58

参考:高木さんの時系列プレゼンもマスターしよう!

ページ上部へ戻る