【運営のコツ】主催者権限を使いこなそう

ゲームの教育効果を高めるために、主催者権限を使いこなしましょう。

主催者権限とは、あなたが好きな番号を出すことです。

(1) 1年目の暴落

1年目に暴落を出すのは基本です。

最初は参加者の人はルールもよくわからないので、「最初は私の方で出しますね」といって、50番か、51番から55番の暴落カードを出しましょう。

そうすると画面に「暴落!」と出て、「何か始まった!?」みたいになり、ゲームがスタートです。

これをするのとしないのでは、かなりそのあとの結果が変わるので、値下がりの威力を伝えるためにも、必ず1年目は暴落させましょう。

より強力にしたいときは2年目も暴落させてもOKです。

(2) 5年目

2年目からどんどん上がっていってしまうこともあります。

その場合は、節目の5年目で

「ここで主催者権限発動です」

と言って、また暴落させます。

あとはケースをみながら、10年目などに暴落を起こしても大丈夫です。

「そんなに、主催者がいじって大丈夫?」と思われるかもしれませんが、問題ありません。

マーケットは、自分の意思と関係なく上がったり下がったりするので、ゲームの中でも「おぉ!暴落だ!」程度の反応です。

ゲームと呼んでますが、実際は”教育”ですので、どんどんコントロールしてOKです。

(3) 18年目

最後は上昇していた方がいいので、複数年機能などで一気に進んでいたとしても、18年目には状況を確認しましょう。

そして、大きく下がっている人がいたら、上昇番号で、残り2年間上昇させるのもアリです。

主催者権限を使って、ドルコスト平均法の面白さを伝えましょう。

ページ上部へ戻る