動画④:ドルコスト平均法ゲームのフィードバック (21分)

初期設定の3パターンの説明ポイント

山田様 自宅

高木様 オフィス

木下様 喫茶点

 

動画

 

内容の説明

ドルコスト平均法ゲームの9つのフィードバックポイントについて、解説します。

初期設定されてる3つのパターン(①山田様自宅、②高木様オフィス、③木下様喫茶店)を元に、解説します。

 

1.下落メリットの説明(量が買える)

1-2

1-3

スクリーンショット 2015-12-06 12.12.16

ドルコスト平均法は、むしろ、最初下がった方が、沢山「量」を買えるのでよい。

(上記例) 山田様 ポイント①

オレンジの世界大型は、序盤に大きく下落したことで、量を積み上げることができた。

序盤・中盤の値下がりは、かなり重要。

■その他の例

高木様 ポイント①:高木様のポイント①もかなり重要。値段が下がる威力の説明に使える。

木下様 ポイント①:木下様のポイント①は、少し「量」の視点になれた人に出すと効果的。

(量は大事だけど、価格も大事という視点を伝えるため)

 

2.順調に上昇しても、悪くないことの説明

1-4

スクリーンショット 2015-12-06 12.31.21

順調に上昇した場合、終盤のリスクは減る(量が少ないから)。利益も出る点の説明。

(上記例) 山田様 ポイント②

インドは順調に上昇していて、しっかり利益を出している。

■その他の例

高木様 ポイント②:赤の中国成長とピンクのインド成長は、順調に上昇しても利益が大きく出ている。

 

3.順調に上昇しても、下落してもどちらでも良い

スクリーンショット 2015-12-06 14.24.58

【重要】つまり、説明ポイント1と2を合わせると、次のことが言える。

ドルコスト平均法は、順調に上昇しても、順調に下落してもどちらでも良い。

重要なのは、終盤に少し上昇していること。だから、世界経済の成長に乗る為に、「世界株式」を活用する。

株式を選ぶと、数年ごとに下落局面も来るが、ドルコストなら、それは「量」を買い込むチャンスになる。

ドルコストの鉄則は「世界株式の成長」に乗ることで、細かい商品の値動きは、気にしないで良い。

(上記例)  高木様 ポイント③

 

4.始めるタイミングの視点(序盤は全然関係ない)

スクリーンショット 2015-12-06 13.46.31

ドルコスト平均法は、序盤の成績のブレ幅は少ない。理由は買えている「量」が少ないため。

序盤・中盤に値下がりを心配する必要は一切ない。

むしろ、序盤・中盤の値下がりは歓迎すべきこと。

だから、ドルコスト平均法をするなら、早く始めた方が良い。

早く始めた方が、多くの「量」を買えるから。

(上記例) 山田様 ポイント⑤

この視点は非常に重要なので、複数パターンで確認するようにしましょう。

■その他の例

高木様 ポイント⑥

木下様ポイント④

 

5.終盤の安定運用の視点

スクリーンショット 2015-12-06 13.47.44

終盤は値動きが重要だから、ある程度上手くいったら安定運用を視野に入れます。

ただ、これは数十年後の話なので、あまり考えすぎてもどうにもなりません。

まずは、スタートすることが重要なので、「将来はそういうリスクもあるので、終盤には安定運用も視野に入れておきましょう」という点と、「終盤の成長が重要なので、世界の株式を持ちましょう」という2点を説明します。

(上記例) 山田様 ポイント⑤

■その他の例

高木様 ポイント⑥

木下様 ポイント④

 

6.途中経過の重要性

スクリーンショット 2015-12-06 14.04.35

スクリーンショット 2015-12-06 14.06.02

最後の値段が同じでも、途中の価格の差によって、運用成績に差が出てくる。

最後の価格が同じ様になるなら、途中はむしろ「下がっていた方が良い」

(上記例) 高木様 ポイント④

高木様のインド成長と、中国成長はこの特徴を伝えるのに非常に適しています。

終わり値や値動きは、両商品ともほとんど同じですが、利益額を比較すると、約2倍の差が開いています。

理由は、中国成長の方が、インド成長よりも価格が低い時期が続いているので、「量」を少しずつですが、たくさん買えたからです。

「チリも積もれば山となる」と言いますが、それが長い時間続くと、大きな量になります。

そして、最後に少し中国成長が上昇したことで、一気に利益が膨らみ、これだけ似たような値動きでも利益額で2倍の差が開いたのです。

この特徴がわかると、運用中に下落が続いても、不安になることはないでしょう。

木下様 ポイント③:木下様のポイント③も非常にわかりやすいので、ご活用ください。

山田様 ポイント③:大きく価格の動きが違うので、見やすいと思います。

 

7.リバランスの視点

リバランスについては、ドルコスト平均法は序盤・中盤はあまり意味がありません。

最初の数年間は不要です。

中盤から終盤に「量」が貯まってきたころに、見直す程度でよいでしょう。

リバランスのややこしい点は、商品の「価格差」が「資産配分の差」とは異なるからです。

仮に、Aという商品が2倍になり、Bという商品が1/2になっても、その比率で資産配分がずれるわけではないのです。

商品Aが2倍になっても運用成績が2倍にはならないし、商品Bが1/2になっても運用成績が1/2にはなりません。

価格の差を見るほど、資産配分のズレは起きないのです。

(すべて量×価格で説明は可能ですが、初めてする人には難しすぎると思います。)

詳しく知りたい方は、参考図書の「終わりで大きく儲かるつみたて投資」、「積立投資のすべて」を参照ください。

ですから、リバランスの視点は、始める前に深く説明する必要はなく、「中盤や終盤が近づいてきたら、運用を見直しましょう」という程度でいいと思います。

フォローという点では、定期的にゲームに参加してもらい「量」の視点を再確認してもらったり、長期分散投資の基本を改めて確認することが重要です。

 

8.10年目と20年目の成績の比較

スクリーンショット 2015-12-06 14.14.03

中間成績が良い人は、最後の成績が悪くなる人が多く、中間成績が悪い人は、最後の成績がよくなる人が多です。

(上記例) 高木様 ポイント⑤

ゲームの流れでも説明しましたが、10年目に「価格」が下がって、運用成績が悪い人には、「これから楽しみですね」とケアしてあげましょう。

 

9.インフレとの比較

スクリーンショット 2015-12-07 19.12.46

「成績」グラフの下にインフレ率が表示されます。

ゼロ金利の預金(黒い線は累計投資額ですが、実質預金していったケースのイメージ)にしていては、インフレに負けてしまうと説明します。

つまり、預金にしていると価値が目減りすることを伝えます。

インフレ率は過度な数値は違和感があると思うので、12%が妥当でしょう。

 

(上記例) 山田様でインフレ率2%

 

以上、ゲームの基本となる8つのフィードバックポイントを解説しました。

何度か説明したら、すぐに覚えられますので、積極的に説明してみましょう。

 

ページ上部へ戻る