【運営のコツ】ゲームという言葉の力を利用しよう

意識しておいてほしいのですが、「ゲーム」という言葉は、すごい力を持っています。

この言葉の力は、強力な武器になりますので、使いこなしてください。

言葉と感情はセットになっている

あまり意識されないかもしれないのですが、言葉は、感情(主観)がセットになっています。

例えば、「デート」という言葉は、なにか楽しい、ワクワクするイメージを思い浮かべますよね。

「ケーキ」も、多くの女性の人は美味しそうなものというイメージを持つでしょう。

残念ながら、日本人の多くは「投資」にはネガティブなイメージを持たれてます。

(しかし、「積立」「つみたて」と言い換えると、いいものというイメージに変わります。)

言葉には、いろいろな主観がつきまとうのです。

 

ゲームという言葉にはポジティブなイメージがついている

そして、「ゲーム」という言葉には、楽しそう、面白そうというポジティブなイメージがあります。

これが、ものすごい武器になります。

例えば、「ドリル」だったら、みなさん、やる気になりますか?

反復してゴリゴリやるイメージで、大変そうですよね。

ドルコスト平均法ゲームも実際は、反復して計算してもらうので、ドリルの様なものですが、言葉を変えるだけで、楽しいものになります。

 

「ゲームやりません?」

この言葉を使えるのは、ものすごいアドバンテージということを意識してください。

 

言葉の力を最大限活用しよう

「ゲームやりません?」

 

とりあえず、この言葉を投げまくりましょう。

そこから「え?何それ?」と反応が返ってくるはずです。

 

例えば、税理士や社労士の方なんかにゲームを体験してもらって、「これ、いいね」と思ってもらえばご紹介いただけるかもしれません。

法人だけでなく、既存客にも「ゲームやりません?」と声をかけるのもいいでしょう。

「ゲームやりません?」

これを1日、3回くらい言ってみては如何でしょう?

なんなら、名刺に「ゲームやりませんか?」と書いてしまう。

頑張って、ドルコスト平均法ゲームインストラクターになって、名刺に書いてしまう。

肩書きにゲームって入っていたら、興味をもってもらえそうじゃないですか?

こんな感じで意識したら、どんどん見込み客との接点が増えるはずです。

言葉によって、人は動きます。

「ゲーム」という言葉の力を使っていきましょう!

ページ上部へ戻る