時系列プレゼン:高木さんのパターン

高木さんのオススメポイント

1.  前半(10年目まで)と、後半(11年目〜20年目)の流れが180度変わり、ドラマティック!

2. 特に、15年目・20年目の状況変化が面白い

3. 時系列プレゼン→20年目プレゼンで、「上がっても、下がってもどちらでも良い」が伝えやすい

高木さんの時系列プレゼン

5年目:軽く「量」の視点を説明する

価格の推移

t1

成績の推移

t2

5年目で赤色が1位になりました。

赤色は2,3年目で下落した時に「量」を買い、4,5年目で「価格」をあげたので、順調に1位になりました。

10年目:明暗がはっきりした!?

価格の推移

t3

成績の推移

t4

10年目の結果を見ると、「価格」が順調に上昇している赤やピンクが、いい様に見えます。

一方、「価格」が下がっている青色や水色は、赤字で厳しい状態に見えます・・・

15年目:大どんでん返しの予感!?

価格の推移

t5

成績の推移

t6

しかし、15年目の成績は、なんと青色が1位になりました!

ここが大きなサプライズポイントです。

なぜ、青が1位になれたのでしょう?

正解は「量」を買い込んでいるからです。

t9

ここで、「合計口数」を見せて、青色が多くの「量」を買っている点を解説します。

そして、さらにダークホース的に、水色がさらに「量」を買い込んでいる点を振っておきます。

20年目:水色が一気に大逆転!

価格の推移

t7

成績の推移

t8

そして、20年目に水色が1位になりました。

15年目まで価格も成績もビリだった水色が、少し「価格」を上昇しただけで、一気に優勝です。

これが、「量」を買い込む威力です。

この流れのまま、高木さんの20年目プレゼンをして、「上がっても、下がっても、どちらでも良い」ことを説明しましょう。

参考:20年目プレゼン:高木さんの解説

ページ上部へ戻る