時系列プレゼン:松山さんのパターン

松山さんのオススメポイント

1. 15年目からの変化が面白い

2. 序盤・中盤は下がっても良いと伝えやすい

3. 順調に上昇しても良いと伝えやすい

松山さんの時系列プレゼン

5年目:穏やかな立ち上がり

価格の推移

m1

成績の推移

m5

他のパターンと違い、このパターンは最初にあまり下がっていない。(だいたい、50番が入っていることが多いが、これは違う)

そうすると、赤やピンクの様に、順調に上昇するのが良い成績になりやすいのは覚えておこう。

10年目:全体的に穏やかな下落基調・・・

価格の推移

m2

成績の推移

m10

10年目は全体的に穏やかな下落基調になりました。

上位は混戦しています。

15年目:一気に変化が!

価格の推移

m3

成績の推移

m15

15年目に一気に緑が1位に上昇しました。

実は10年目を見て欲しいのですが、全体的にマイルドに下がる中、緑だけダークホース的に上昇しているのです。

しかも、10年目の緑は、そこまで「価格」が上昇しているわけではありません。

これが「量」を買い込む威力です。緑は序盤・中盤と着実に「量」を買い込めたので、ここからが回収の時期になります。

20年目:緑がピンクに競り勝つ!

価格の推移

m4

成績の推移

m20

最終的に緑がピンクに競り勝ちました。

緑の様に、序盤・中盤は価格が下がっても良いのです。

また、ピンクの様に、順調に上がっても良い。

上がっても、下がってもどちらでも良い。序盤・中盤は下がっても気にしないで良い。

これを説明しやすいパターンです。

参考:20年目プレゼン:松山さんの解説

ページ上部へ戻る