時系列プレゼン:木下さんのパターン

木下さんのポイント

1.  5年目、10年目、15年目と1位が入れ替わること(青→赤→青)

2. ピンクや水色、緑など順調に上昇していても儲かること

木下さんの時系列プレゼン

5年目:早くも青の圧勝

価格の推移

k1

成績の推移

k5

5年目で早くも青が好成績。理由は3年目に大きく下げて、量を買えているから。

10年目:赤が逆転!

価格の推移

k2

成績の推移

k6

10年目は赤が青を逆転する。合計口数を見ると、赤が青より多く買っているのがわかる。

地味にピンクが2位になっている。順調に上昇すると成績が安定している。

15年目:赤が急降下!

価格の推移

k3

成績の推移

k7

10年目に1位だった赤が、15年目にはビリに。

赤色は終盤のリスクを説明するのに向いている。赤色を反面教師に、終盤は安定運用を心がけるように伝える。

20年目:赤も回復してフィニッシュ

価格の推移

k4

成績の推移

k8

結局、序盤きちんと下げて、その後、価格が上昇した青が1位。

乱高下の激しかった赤は無事2位。

赤色の様に値動きが大きすぎるのは、終盤にリスクがあることを伝える。終盤は安定運用を心がける。

ピンクや水色、緑は堅調に推移して、きちんと利益が出ている。

→ドルコストは上がっても、下がってもどちらでも良い。序盤・中盤は下がっていても良い。

参考:20年目プレゼン:木下さんの解説

ページ上部へ戻る