STEP3:初期設定のプレゼン:時系列プレゼン

時系列プレゼン:5年ごとに見せていく

game

時系列プレゼンは、同じパターンを5年ごとに見せていくプレゼン方法です。

お客様は同じパターンを4回見る(5年目、10年目、15年目、20年目)ことで、理解が徐々に深まります。

プレゼンする人は、どうなるかが事前にわかるので、安心感を持ってプレゼンできます。

セミナーや面談で使えるプレゼンの方法ですので、フィードバックのポイントを抑えておきましょう。

時系列プレゼンのポイント

・5年目・10年目で成績が悪い商品が、15年目位で一気にパフォーマンスが良くなるパターンが多い

・5年目、10年目、15年目、20年目と4回質問できるので、理解が深まりやすい

・5年目、10年目の頃に、「価格」が下がっている商品の「合計口数」のグラフを見せておく。

そして、「今、価格が下がっているということは、「量」が買いこめているということですね。この後が楽しみですね。」と前ふりを入れておく。

初期設定パターンについて

初期設定パターンは6種類あります。

基本は山田さん・高木さんの2種類はきちんと説明できるようにしておきましょう。

後の4パターンは練習も兼ねて、見ておいてください。

山田様高木様木下様
根岸様松山様石田様

▶️次はSTEP4:ゲームの操作方法を見てみよう

STEP1:じぶん年金ゲームの使い方
STEP2:初期設定のプレゼン:20年目プレゼン
STEP3:初期設定のプレゼン:時系列プレゼン
STEP4:ゲームの基本的な操作方法
STEP5:ゲームの運営方法
STEP6:じぶん年金ゲーム インストラクターインタビュー
ページ上部へ戻る