ドルコスト平均法ゲームの使い方

運営方法

ゲームを実際に行う「ゲーム形式」と、ゲームは行わないで疑似体験だけしてもらう「シミュレーション形式」の2種類があります。

ゲーム形式

カードを使い、シートに記入してもらいながら進める方法。カードは使わずに、参加者に番号を言ってもらうだけでもよい。

学習効果は非常に高いが、ルールの説明などが必要。4,5人の少人数で行うのがオススメ。

チーム対戦形式の場合、大人数で行うとかなり盛り上がる。

シミュレーション形式

カードは使わずに、参加者に数値を言ってもらったり、主催者がランダムに数値を入力することで、ドルコスト平均法をシミュレーションし、疑似体験してもらう方法。

対面でもセミナー形式でもできるので、オススメ。

具体的な使い方例

セミナー形式 (ショート:少人数向け)

ご夫婦で2人や、3,4人の少人数セミナーや勉強会で、1時間を目安に、ゲームを行います。

シートに記入してもらい、5年・10年・15年・20年のフィードバックポイントをおさえながら、進めます。

ゲーム形式の基本的な使い方です。

シートに記入する目的は、「量」の視点を持ってもらうことです。

ですから、記入は5年もすれば十分です。

それであれば、最初の5年間はシートに記入してもらい、後は一気に進めて、その分をフィードバックに当てるという使い方も可能です。

☆注意点:サポートメンバーがいない場合は、少人数で行ってください。人数が多くなると、計算できない人などのフォローができなくなり、大変になります。おすすめは3〜5人です。あるいは、人数が多い場合は、全員で1つの商品にしたり、全体を3つくらいのチームにして、チーム戦にするといいでしょう。

セミナー形式(ロング:大人数向け)

チーム対戦形式で、大人数で行うゲームです。

かなり盛り上がりますが、運営の経験やサポートメンバー、チーム数のPCやタブレットが必要です。

チーム対戦形式にすると、個人戦だけでなく、チーム全体でいい成績を出すことも重要になるので、面白さが倍増します。

また、一気に複数チームのフィードバックをその場で行うので、非常に臨場感のある説明になり、満足度が上がります。

5年ごとに、ディスカッションを入れたり、運営するノウハウはありますので、チーム対戦機能をリリースしたら、説明をします。

スピードシミュレーション(所用時間は数分:少人数から大人数まで対応)

もっとも、使い勝手がいいのはスピードシミュレーションです。

対面でも大人数でも、気軽にスピーディーに疑似体験してもらえます。

現在、複数年のデータ登録や、カードのランダム表示機能を実装中ですが、それを使うと、さらにスピーディーに疑似体験ができます。

シナリオ体験(少人数から大人数まで対応)

スピードシミュレーションに似ていますが、あらかじめ決まっている番号を入力し、疑似体験してもらう方法です。

ゲームやスピードシミュレーションと異なり、どういう結果になるかが主催者がわかっています。

例えば、初期設定のパターンをセミナーや面談中に時系列で見せたい場合に、ご利用ください。

 

以上、いくつか使い方を紹介しましたが、ケースに応じた使い方をしてみてください。

ページ上部へ戻る