【運営のコツ】2つの商品を比較する視点を持とう

ドルコスト平均法ゲームをする時は、2つの商品を比較する視点をもってください。

そうすると、フィードバックの幅がグンと広がります。

2つの商品を比較するパターン例

例えば、次の様なパターンです

最後の価格は同じだけど途中のプロセスは全く違う2つの商品

(1つは下がり、もう1つは上がっている)

木下さんの日本成長と日本大型の比較みたいな感じですね。

 

途中の値動きはほぼ同じだけど、最後の成績で差が開いているパターン

これは高木さんの中国VSインドみたいなパターンですね。

 

最後の1年間の値上がり幅は同じだけど、買えている量の違いで、成績の伸び幅が全然違うパターン

山田さんの日本成長と世界成長みたいなパターンです。

最後の1年の値動きはあまり変わらないけど、世界成長が「量」を買い込んでいるので、一気に成績が上がっています。

 

こんな感じで、2つの商品を比較して、他の商品を消して解説するということをしていくと、さらに質の高いプレゼンに
なっていきます。

ドルコスト平均法ゲームで、楽しくわかりやすく、ドルコストを伝えていきましょう!

ページ上部へ戻る