初期設定のプレゼンのポイント:20年目プレゼン

20年目プレゼン:20年目が終わった状態を見せる

20年目プレゼンは、20年目が終わった状態をプレゼンする方法です。

ドルコスト平均法の特徴を、具体的な事例に基づいて説明できます。

20年目プレゼンは基本ですので、フィードバックのポイントを抑えておきましょう。

最初は高木様、山田様の2パターンを覚えましょう。

説明する内容は同じですが、パターンを変えることで、理解が深まります。

20年プレゼンの基本的な流れ

1.  価格のグラフを見せて、どれが1番儲かっているか質問する

2.  儲かった理由を「投資の成績=量×価格」を使って説明する

3. 価格が下がるメリットを説明する (量が買える)

4. 価格が上がるメリットを説明する (価格が上昇する)

5. ドルコスト平均方は価格が序盤・中盤は上がっても、下がってもどちらでも良いことを説明する

6. 大切なのは、中長期的に成長する資産に積み立てることを説明する

☆後は、1〜6を複数のパターンを見せて、質問をしながら繰り返し説明するだけ

初期設定パターンについて

初期設定パターンは6種類あります。

基本は山田さん・高木さんの2種類はきちんと説明できるようにしておきましょう。

後の4パターンは練習も兼ねて、見ておいてください。

山田様高木様木下様
根岸様松山様石田様

▶️次はSTEP3:初期設定のプレゼン:時系列プレゼンを見てみよう

STEP1:じぶん年金ゲームの使い方
STEP2:初期設定のプレゼン:20年目プレゼン
STEP3:初期設定のプレゼン:時系列プレゼン
STEP4:ゲームの基本的な操作方法
STEP5:ゲームの運営方法
STEP6:じぶん年金ゲーム インストラクターインタビュー
ページ上部へ戻る