20年目プレゼン:根岸様のフィードバックポイント

根岸様を使う目的

1. 値下がりもチャンスになることを説明するため

→ピンクは序盤に下がっているので、優勝できた

2.  順調に上がっても良いことを説明するため

→水色は堅調に推移して、そこそこいいパフォーマンスを出せた

3.  詳しく考えすぎてもわからないことを伝えるため

→全体的にマイルドな値動き。商品の成績は様々だが予測は困難。「細かく予測をしてもわからない」ことを伝えるのにぴったり

根岸様の説明の流れ

概要版

1. 1番儲かっているのは何色か聞く

2. 正解を見せる

→ピンクは序盤に下がっているので、優勝できた

3. なぜ、色が儲かったか理由を聞く

→ピンクは序盤・中盤に価格が下がっていたので、多くの「量」を買うことができた。

*この時、補足として、「合計口数」を見せるのもOK

4. ドルコスト平均法では序盤・中盤の値下がりは「量」を買い込むチャンスと説明する

5. 順調に上昇しても儲かることを説明する

→水色は堅調に推移して、そこそこいいパフォーマンスを出せた

6. まとめに、ドルコストは「上がっても、下がってもどちらでも良い」と説明する

→上がっても良し。下がっても、なお良し。

詳細版

1. 1番儲かっているのは何色か聞く

nn1

2. 正解を見せる

→ピンクは序盤に下がっているので、優勝できた

nn2

3. なぜ、色が儲かったか理由を聞く

→ピンクは序盤・中盤に価格が下がっていたので、多くの「量」を買うことができた。

*この時、補足として、「合計口数」を見せるのもOK

4. ドルコスト平均法では序盤・中盤の値下がりは「量」を買い込むチャンスと説明する

5. 順調に上昇しても儲かることを説明する

→水色は堅調に推移して、そこそこいいパフォーマンスを出せた

6. まとめに、ドルコストは「上がっても、下がってもどちらでも良い」と説明する

→上がっても良し。下がっても、なお良し。 詳しく考えすぎてもわからないことを伝える。

参考:根岸さんの時系列プレゼンもマスターしよう!

ページ上部へ戻る