20年目プレゼン:松山様のフィードバックポイント

松山様を使う目的

1. 値下がりもチャンスになることを説明するため

→緑は序盤・中盤の商品のパフォーマンスが悪いので、多くの「量」を買えた

2.  順調に上がっても良いことを説明するため

→ピンクは順調に上昇しているが、それで2位になれた

3.  山田様・高木様と違い、最初に大きく下げてないので、値上がりのメリットを伝えるにはGood

→結局、上がっても下がってもどちらでも良い。細かいことは考えてもわからない。

松山様の説明の流れ

概要版

1. 1番儲かっているのは何色か聞く

2. 正解を見せる

→1位は緑。2位はピンク。

3. なぜ、緑色が儲かったか理由を聞く

→緑は序盤・中盤の商品のパフォーマンスが悪いので、多くの「量」を買えたから。

*この時、補足として、「合計口数」を見せるのもOK

4. ドルコスト平均法では序盤・中盤の値下がりは「量」を買い込むチャンスと説明する

5. 順調に上昇しても儲かることを説明する

→ピンクの様に、上昇しても良い。山田様・高木様と違い、最初に大きく下げてないので、値上がりのメリットを伝えるにはGood。

6. まとめに、ドルコストは「上がっても、下がってもどちらでも良い」と説明する

→上がっても良し。下がっても、なお良し。序盤・中盤は下がってよし。細かいことは考えすぎてもわからない。

詳細版

1. 1番儲かっているのは何色か聞く

mm1

2. 正解を見せる

→1位は緑。2位はピンク。

mm2

3. なぜ、色が儲かったか理由を聞く

→緑は序盤・中盤の商品のパフォーマンスが悪いので、多くの「量」を買えたから。

*この時、補足として、「合計口数」を見せるのもOK

4. ドルコスト平均法では序盤・中盤の値下がりは「量」を買い込むチャンスと説明する

5. 順調に上昇しても儲かることを説明する

→ピンクの様に、上昇しても良い。山田様・高木様と違い、最初に大きく下げてないので、値上がりのメリットを伝えるにはGood。

6. まとめに、ドルコストは「上がっても、下がってもどちらでも良い」と説明する

→上がっても良し。下がっても、なお良し。序盤・中盤は下がってよし。細かいことは考えすぎてもわからない。

参考:松山さんの時系列プレゼンもマスターしよう!

ページ上部へ戻る